Sia

こんにちは!きーぼーです♪

みなさんSia(シーア)というアーティストはご存知ですか?

僕も最近、彼女のハスキーでかつ伸びのある歌声にはまってよく聞いています!

CDも持っていますが、ヘビーローテーションですよ!!w

SiaのCD

しかし、このSiaというアーティストはメディアに登場する時は髪の毛が顔面を覆っていて素顔を目にすることはできません。

ライブの時もこんなんだし、、、

ライブ中のSia

アルバムのジャケット写真もこんな感じです、、、、

1000 FORMS OF FEAR

絶対に顔を出しません!

ライブをやる時も後ろを向いて歌っていたり、ステージのセンターにはパフォーマンスをする人たちがいて、本人は隅っこの方でひっそりと歌っていたりと、ライブでも顔は出しませんw

Siaのライブ

はじめはこのインパクト満載の見た目で「これ誰だろう?」と興味を持ったのがきっかけだったのですが、曲を聴くとメロディーや構成、アレンジに至るまで僕の大好きなジャンルだったので、そのままはまってしまいましたw

今回はこんなSia(シーア)の過去の経歴や年齢、素顔についてもまとめてみたいと思います!

これからSiaを聴こうと思っている方へ、「これは聴いとこ!」っていう代表曲もまとめていますので、よかったら最後までお付き合いくださいね♪

僕がSia(シーア)にはまったきっかけ

僕はそもそも約20年前からAppleのMacユーザーで、使ってるパソコンはMacだし、スマホはiPhoneだし、時計はApple Watchだし、周りが若干引くくらいのAppleユーザーですw

Appleは年に数回、新機種や新しいプログラムの発表会を行うのですが、そのイベントの最後にアーティストを迎えてライブパフォーマンスイベントを行うことがあります。

僕が知ったのはまさしくこのイベントで、パフォーマンスを行ったのがSiaでした。

AppleのイベントのSia

この時はiPhone7やApple Wacth SERIES2が発表されて、僕もテンションが上がっていたのですが、このパフォーマンスを見て、度肝を抜かれました!

だって、歌ってる人はステージの隅っこにいるし、顔も見えない、センターでパフォーマンスをしているのでは全身タイツの集団、しかもセンターにいるのはまだ幼さの残る少女と言ってもいいほどの若い女の子。

斬新すぎる上にそのパフォーマンスも素晴らしいもので圧倒されてしまいました!

Sia(シーア)の経歴とは?

Appleのイベントでの衝撃から、Siaの曲を聴くようになったのですが、イベントを見た時は20代くらいの若手のシンガーなのかな?と感じました。

だって顔見えないし、、、、w

でも、調べてみるとクリエイターとしてものすごい経歴を持っている方で、音楽業界の中ではかなりベテランの域にいる方だということがわかりました。

Siaが顔を隠すようになった理由も含めて、素顔や年齢もまとめてみます♪

まず、Sia(シーア)の素顔と簡単なプロフィールがこちら!

Siaの素顔

  • 名前:シーア・ケイト・イゾベル・ファーラー(Sia Kate Isobelle Furler)
  • 生年月日:1975年12月18日
  • 身長:164cm
  • 出身:オーストラリア

Siaは1975年生まれで、2017年8月現在で41歳です!

そして、この素顔ですが、普通に綺麗な方ですし、顔を隠す意味がわかりませんよね?

Siaが顔を隠す理由は彼女が患っっているバセドウ病により、容姿が変わってしまったことから顔を隠すようになったということでした。

でも、この見た目のインパクトはすごいですし、世界でも稀に見る個性的なアーティストですよね!

Siaの過去の経歴

Siaは今でこそ世界的なシンガーとして活躍していますが、もともとはシンガーソングライターとして自身の活動もしながら、楽曲提供やプロデュースの仕事もしていました。

この楽曲提供や共同制作をしたアーティストたちがビッグネームすぎて笑えてくるレベルなので、ちょっとここでまとめてみますねw

  • ビヨンセ
  • クリスティーナ・アギレラ
  • ブリトニー・スピアーズ
  • エミネム
  • マルーン5
  • リアーナ
  • ケイティ・ペリー
  • デヴィッド・ゲッタ

いかがでしょうか?

世界的に大ヒットしているアーティストの名前がズラリ!!

クリエイターとしても超一流なのがわかりますね!

Siaをこれから聴く方におすすめの曲

それではここでこれからSiaを聴いてみようという方に、これは聴いておいて!という僕的おすすめ曲を紹介させていただこうと思います♪

Siaが世界的に大ヒットしたきっかけ

著名なアーティストに楽曲を提供していましたが、Siaとしてはほとんど知られていませんでした。

彼女が知られるきっかけとなったのはChandelier(シャンデリア)という曲のミュージックビデオをYoutubeに公開したことでした。

少女が部屋の中で華麗なダンスを披露しているのですが、この表情、ダンスともちろん楽曲のすばらしさもあって瞬く間に再生回数を伸ばしてきました。

2017年8月現在でなんと再生回数は驚愕の16億回!!

そのミュージックビデオがこちらです!

※うまく再生できない方はこちら

後で詳しく書きますが、このMVで華麗なダンスを披露しているのは当時まだ11歳の少女です。

独特な振り付けで印象的な表情を見せる彼女と曲が世界中で話題になり、Siaの名前が知れ渡るようになりました。

LGBTコミュニティ襲撃事件へのメッセージソング

次に紹介するのは僕が一番好きな曲なのですが、「The Greatest」という曲です。

この曲は2016年6月、フロリダ州のナイトクラブで起きた銃撃事件に対しての強いメッセージが込められています。

このクラブはゲイやレズビアンなど、いわゆるLGBTのコミュニティとして親しまれていましたが、凶悪な犯人により49人もの尊い命が奪われてしまいました。

Siaはこの事件への憤りと強いメッセージをこの「The Greatest」という曲に込めています。

そのミュージックビデオがこちらです!

冒頭に表示される「WE ARE YOUR CHILDREN」はこの銃撃事件の犠牲者へのメッセージで、少女がLGBTを象徴するレインボーカラーのペイントを顔に施して泣いています。

マディー・ジーグラー

次のカットでは激しい怒りを表すような表情が映し出され、このビデオに込められた強いメッセージを感じることができます。

歌詞の中でも「Don’t give up,Don’t give up,Don’t give up,no no no」の部分が印象的ですよね。

こんな悲惨な事件にも負けない気持ちが現わされています。

出演しているダンサーもこの事件で亡くなった人数と同じ49人。Siaの心の叫びが凝縮された心を締め付けられる一曲です。

土屋太鳳出演Siaのミュージックビデオ

2016年に公開された日本映画「秘密 THE TOP SECRET」にSiaのAliveが起用され、その日本版ミュージックビデオに土屋太鳳さんが出演して話題になりました。

普段なかなか見れない土屋太鳳さんの姿を見ることができますよ♪

土屋さんはダンスをしていたこともあり、華麗な動きを披露していますが、本当に振り付けが難しそう、、、

かなりの練習時間を要したのではないかと思います。。。

Siaの分身の少女は何者?

さて、ここまで3曲を紹介してきましたが、ChandelierThe Greatestに出演している女の子が気になると思います。

この子はSiaの分身として、ミュージックビデオやライブでパフォーマンスをしているマディー・ジーグラー(Madison Nicole Ziegler)です。

MVのマディー・ジーグラー

マディーちゃんは天才とも言われたバレエダンサーで、Siaのミュージックビデオに出演したことがきっかけで世界的に注目されるダンサーとなりました。

誕生日は2002年9月30日で、シャンデリアの撮影をした時はたったの11歳!

11歳であの動きと表情の豊かさはまさに天才ですね!

Siaのテレビ出演時やイベントなどの席でも同行しており、今やSiaの分身と言われるようになっていますw

Siaとマディー

Siaのライブ中のアクシデントで顔が見えた?!

Siaといえばいつも顔は見えないようになっているのですが、実は過去に一度だけ、ライブの効果で使っていた風が強すぎて、Siaの髪の毛が捲り上がってしまって顔が見えるというアクシデントが発生したことがあります!

その時の写真がこちら!

ライブ中の顔が見えたSia

ちょっと考えたら風はヤバイというのがわかりそうなもんですが、、、w

普段は絶対に顔を見せてくれませんので、この出来事だけでもニュースになっていました!

この事件以降は顔が見える事は無いようです。

こんなことがあるとスタッフも注意しようと思うでしょうねw

まとめ

ライブ中のSia

今回はSiaの素顔や経歴、素顔やおすすめの曲についてまとめさせていただきました♪

最後にSiaの歌の実力がよく分かる動画があるので載せておこうと思います。

テレビ番組の企画でSiaが車に乗ってカラオケで歌っているのですが、地声がよく聞こえてめちゃくちゃかっこいいですよ!

こんな車乗ってみたい〜〜〜w

それから、Siaつながりのお話なのですが、日本では長澤まさみさんが出演しているアンダーアーマーのCMで、Siaのシャンデリア、グレイテストの振り付けを担当したRyan Heffington(ライアン・へフィントン)が振り付けを担当して話題になりました。

こちらも記事にまとめていますので、よかったら合わせてご覧いただけるとうれしいですヽ(*^^*)ノ

それでは、今回も最後までお読みいただいてありがとうございましたーヾ(=^▽^=)ノ